アスペルガー症候群って?

アスペルガー症候群の発病頻度というのはそこまで多くはありません。
男女比であれば男性に多く発症すると考えられています。

ただし、アスペルガーの特徴的な症状となっている対人関係においての問題、評価基準をどのように設定するのか、といったように判断基準によってばらつきが大きいと言われています。

アスペルガー症候群のはっきりした原因であったり、発症メカニズムというのはそこまではっきりとわかっていません。
自閉症と似た症状がよく見られていませんので、自閉症と同じように遺伝や生物学的な要因といったものが複雑に作用することで発症すると考えられているのです。

胎内での神経細胞に異常が起きることで、アスペルガー症候群を発症していると言われているのです。

アスペルガー症候群の症状は?

アスペルガー症候群の症状というのはどのようなものがあるのでしょうか?
アスペルガー症候群の大きな特徴というのは、自閉症のような症状でもあり、周囲との交流が困難になってしまったり、限定的に興味を持つといったものが見られます。

保育園や幼稚園に行く年齢になってから、その他の子供と接することによって初めてアスペルガー症候群を発症していることに気付く、ということもあるようです。

アスペルガー症候群の場合、相手の気持ちを察することができなかったり、空気を読むことができません。
その結果、自分の気持ちも相手に上手に伝えることができないというのもアスペルガー症候群の特徴になります。

このような症状が見られる場合には、アスペルガー症候群である可能性がある、ということをしっかりと覚えておいてください。